輸入菓子として親しまれるクッキー、ビスケット、チョコレート

主なクッキーの種類

2018年10月09日 18時55分

日本の店先で販売されているクッキーの中には、日本で製造されたものではない、輸入菓子もあります。
 
  • サンドイッチクッキー
日本でもひじょうに長い間親しまれている「サンドイッチクッキー」。ジャムやクリーム、チョコレートが2枚のクッキーにはさまれているものです。
 
  • 型抜きクッキー
生地をロールして引きのばし、星や人形などの型を使って型抜き、その後焼き上げるクッキーです。
 
  • 絞り出しクッキー
生地を絞り器から絞り出し、その後焼き上げるクッキー。味もさることながらデザイン的にも美しいクッキーです。
 
  • ドロップクッキー
やわらかい生地をベーキングシート上に落として作るフラットなクッキー。チョコチップクッキーなどがこのタイプです。
 
クッキーは輸入菓子の一つとして日本に定着しました。1960年代から70年代にかけて、輸入菓子のクッキーは、日本では高級なお菓子と考えられていました。海外には、特に「クッキー」というお菓子を規定するルールは存在しませんが、なぜか日本にはクッキーを定義づけるルールがあります。
 
手作りのようなルックス
全体重量の40パーセント以上、糖分と脂肪分が含まれている
 
などの細かいルールがあります。日本らしいと言えば日本らしいですね。

関連ページ